森と海の街、Den Haagでのんびりライフ。美味しいもの、楽しいこと、いろいろ発見できるオランダ生活20年目。

オランダで宿屋さんやってます。

緑の街でB&Bとヒーリングサロンを営んでます。

オランダはチーズ初物の季節となりました。

昨日は久しぶりにチーズで有名なゴーダへと遊びにいきました。

デンハーグ市から電車で20分弱で到着する素敵な街です。

車窓からは牧草地帯と風車が見えます。この牧草地帯が広がる自然の地域がGrone Hart(緑のハート)と呼ばれる地帯です。

今日は久しぶりにホリステックヘルスコーチらしい記事を書いてみましょう。



オランダはチーズで有名で、熟成度が違うチーズが年中店頭に出回っていますが、春過ぎには初物として市場に出回るチーズがあります。グラスカース(GrasKaas)といいます。

Gras=草
Kaas=チーズ
です。

近年、健康オタクが好んで食べる食品の一つが、グラスフェットビーフ、グラスフェットバター、そしてグラスフェットチーズです。
グラスフェット(grass-fed )が牧草を食べた、ということになります。このグラスフェットのチーズがオランダでいうGrasKaasです。

牛の飼育においては、トウモロコシや大豆の混合肥料を与えたり、現代は家畜の栄養調整がなされています。
オランダにおいては、牧草地が広がっていますので、冬場以外は放牧されているのが普通のようです。太陽に浴びた草の上で栄養たっぷりの草を食べて育つ牛は牛舎に閉じ込められたままの牛よりもストレスフリー。

放牧=ストレス度が低く、牛がよく運動しているいうことでも、健康オタクには魅力的に思えるのです。

オランダの場合は平均して、牛の餌は天然食材として75%が牧草、その他が25%がトウモロコシ(その他、大豆やビールかす、種、麦など混合)+ビタミン&ミネラル となります。

(参考:https://thedailymilk.nl/wat-eet-een-koe/


牛の冬場はフレッシュな牧草を食することができません。干し草と混合肥料で生き延びます。

昔は干し草のみで、牛も冬を越すのが難しかったそうです。

牛は品種改良されており、日本は脂肪分が多い牛がポピュラーです。その脂肪分の高い牛に草だけとなると、その予定されている
脂肪分の牛にならないので、そのための混合肥料の率が高くなります。それに入っているトウモロコシや大豆などが、もしかして遺伝子組み換えじゃないか、とか議論になってしまうわけです。近年、乳製品摂取は賛否両論、健康被害も報告されていますので、その話になると餌まで追求することになります・・・。


オランダのGraskaasに話を戻しましょう。



真冬の牛舎生活が終わった牛は春に放牧されます。放牧初日はイベントが開かれていて、牛が喜んで走っていく姿がテレビで放送されます。牛って走るんだ・・・と初めてみたときは衝撃でした笑

真冬の干し草と混合肥料とはお別れし、牛はそこからたっぷりフレッシュな牧草をお腹一杯食べて、絞られたミルクで作られたチーズが最少4週間、熟成されます。この若いチーズが5月にGraskaasとして登場してくるわけです。

お若いチーズですので、やわらかく、まろやか。ちょっと乾いたオランダのパンにはピッタリのお味です。


放牧されているミルクで作られるので、Gras(草)Kaas(チーズ)、別名、5月のチーズ、9月のチーズともいわれます。今が旬といわれるのは
初物となり、これからチーズ市も盛んになるので、チーズの季節到来の印です。
気候のよい季節によい風にふかれて気持ちよさそうな牛をみると、オランダの乳製品は美味しいハズだとわかります。


ただ、ワタクシ、現在、食事制限中で、バター以外の乳製品の摂取を控えていますので、このグラスカースも店頭で
ヒトカケラお味見させてもらっただけです。

美味しかったです(*´▽`*)


なお6月1日はGrone Hartにある村の一つ、Woerden でグラスカースの日イベントが予定されています。


Graskaasdag Woerden - 1 juni 2019

ゴーダ、ユトレヒトから電車で近いですので、チーズ大好きの方はぜひご参加くださいね。

日本在住のチーズ好きからすると、オランダは安くて高品質の放牧牛チーズやバターが普通に手にはいることはとても羨ましがられますので
数年のオランダ滞在の方は、ぜひ、モリモリ召し上がってください。

お土産にもぴったりですよね。


今日もお読みいただきありがとうございました。

Shoko


*夏のご予約承っております。8月はほぼ満室ですが、7月は空きがございますので、お気軽にお問合せくださいませ。

お問合せはこちらからお願いします。

******************************

日本人オーナーがオランダで営む築110年の宿とヒーリングサロン
デンハーグ市正式認可の宿
Tree of Light Holland
Den Haag, Nederland
オランダのB&Bです。 - オランダで小さな宿とフラワーエッセンス&ヒーリングサロン始めました。




米国代替医療協会ホリステックヘルスコーチ

チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー

******************************