森と海の街、Den Haagでのんびりライフ。美味しいもの、楽しいこと、いろいろ発見できるオランダ生活20年目。

オランダで宿屋さんやってます。

緑の街でB&Bとヒーリングサロンを営んでます。

オランダで宿屋さんスタートしてみて。

オランダで小さな宿やさんをはじめてみて

オランダで宿屋さんを初めて早3年目、今まで口コミとご紹介でお客様をお迎えしていましたが、やっと昨年の12月にプロの写真家に撮影をお願いしました。

f:id:treeoflight-shoko:20190421050752j:plain
築110年のおうちです。


今まで我が宿をご利用いただいたお客様は、起業移住の方、王立音楽院ダンス科の学生さん、完全に燃え尽き症候群の方、家族から離れて御一人になりたい方、オランダ介護視察の為に長期滞在された方など、理由はそれぞれです。

数名のお客様はインスタグラムをされており、とても嬉しいコメントも頂いています。了解を頂いて、順にご紹介させていただきます。

そして、この宿に滞在したことも誰にもいわないでほしい、一人になりたい、というお客様も数名いらっしゃいました。個人情報保護法により、一切、ブログなどでは写真一枚も掲載することはありません。

逃げたい、一人になりたい、という方にも快適にお過ごしいただけるように努めて参ります。

どうして、燃え尽き、または一人になりたい方が我が宿をご利用になるか、というと、私自身がセラピストであることも理由の一つでしょう。
無理してセラピーのご案内は行っておりませんが、ごはんを食べながらお話をしたり、お料理を手伝ってもらったり、付かず離れずお声がけは
させていただいています。

どんな宿屋さんになりたいかずっと考えてみました。

2016年に長く勤めていた会社を退職することとなり、同時期に認知症を患っていた父が寝たきりになりました。大きな変化の波で溺れそうになる現実の中でも、勤めを辞めたら、今度は宿屋をする、と決めていたので、父が亡くなるまではオランダと日本を行き来し、オランダにいる間は移住サービスの方にお客様をご案内頂いたり、知り合いの知り合いからご紹介を受けたりと、表に看板を出していないのに、お客様に恵まれたことに感謝しています。

宿屋としての理想は、お客様にこの家でくつろいでいただいて、日本にお帰りになった後、本来いるべき場所が良い場所になっていることです。
これが私が理想とする空間です。

ここから書くことは本当に、私が経営者として他人から不安に思われるかもしれないと思いためらってきましたが、本当のところを書きたいと思います。
私は集団の中にいることが苦手で、子供のころから、人のお誕生日会にはいくけど、自分で誕生日会を開くということもなかった変わった子供でした。
また短大で幼児教育を専攻しましたが、ここでも、たくさんの子供たちを一度に見るという現実に、限度を感じ、一般就職を選びました。

後、会社でも前と後ろに誰かに立たれると、クラクラしたりと、大勢の中にいることが辛い時期も多々あり、社会不適合のような気持ちが常にありました。

すこしずつ変わっていった自分を認めること

2011年、震災の年、いつも夏場には日本にもどっていましたが、帰る気持ちがなく、夏の暇つぶしにロンドンの心理学のコースを受講しました。

そこでもお部屋たくさんに日本からきた生徒さんがいらっしゃいましたが、威圧感がぜんぜんなくて、とても楽しかった記憶があります。

わたしは本当に、夏の暇つぶしで参加したので、日本から真剣に最新のセラピーを学びたい方々とは違いましたが、その舐めた参加理由すら、みなさん
ワハハと受け入れてくださり、今もまだ当時知り合った方々とは良い付き合いをさせていただいています。

時間をかけてセラピーを学ぶことにしました。そして2011年に学び始めたセラピーは5年の月日を経て、正式なディプロマを頂きました。

自分がそれによって変わったなというのは今実感しています。

①会社生活がうまくいかない自分を受け入れた。それを人間失格のような気持ちでいたのに、いつのまにか消え失せていたこと。
②起業してみて、最初はお客様が少ないという事実を正面から受け止め、お客様にきていただくにはどうしたらいいかアイデアを考えるのが
 楽しくてたまらなくなりました。以前の私であれば、真逆で、不安に押しつぶされていたと考えます。


そして、なんといっても私が大人数はみれないけど、少人数であれば子供をみれるという気持ちになれた子たちとの出会いがありました。

友人の家の息子さん2名です。双方、誕生前、誕生直後から世話をしています。



https://www.instagram.com/p/BwaJC4LHAbF/
I looked after two boys. They built new wall with kapra in this afternoon. It's really creative work. According to a Japanese mom who lived in Central London, Playing kapra is good for brain grown and Kids become really creative person. 有名な知育玩具でもあるKAPLA 昔 ロンドンで子守業をした時のお母さんオススメのおもちゃ。階級の上のファミリーが子供に使わせている意味がよくわかる。#kapla #nunny #london #denhaag #childcare #実は保育士免許持ち#オランダの子育て #育児#脳 #braintraining

ロンドンではNUNNYでした。

私は10年以上前にロンドンの一等地の大変裕福なご家庭で一年、住み込みで子守をさせていただきました。
ロンドン市内でも有名男子校に通う小さな子で、そういう環境ですから、子育ても一般とは違っていました。しかし、母親を上司とし、子供の育児に関して申し合わせをする、納得をする、日々をその子と暮らすという経験を行ってみて、終了した一年後は、充実感で一杯でした。

そう思うと、大勢の人間の中で仕事をすることは自分には合わないけど、少人数での丁寧な人間関係で仕事をすることに対して、私は向いていることに
気が付きました。

そして、現在、宿屋を経営してみても、それを実感しています。

自分がとてもリラックスして仕事に挑めることに気が付いていますし、この空間を神様に頂いた場所として、使っていきたいと思っています。

森があって海がある街でできること

私が居住しているデンハーグ市は、グリーンシティと市が自慢するほど、緑豊かな土地です。市電に乗れば海まで15分弱で到着できる場所に宿はあります。植物を採取してシロップをつくったり、砂浜を歩いたり、お客様に楽しんでいただけることは沢山あります。

もっと宣伝したらいいのに、宣伝してあげようか、と有難いお声がけを頂いており、もっと早くにウェブサイトをつくったりブログを開設したらよかったのに、自分の気持ちが整っていなかったこともあり、時が過ぎていきましたが、この空間をどう生かすか、わくわくを主体として今後運営をしていきます。

皆様のお越しをお待ちしております。

*ご予約状況ですが、8月はほぼ埋まりかけております。夏場のご利用はお早目にお問合せくださいませ。

お問合せは、こちらからお願いします。


Shoko

******************************

日本人オーナーがオランダで営む築110年の宿とヒーリングサロン
デンハーグ市正式認可の宿
Tree of Light Holland
Den Haag, Nederland
オランダのB&Bです。 - オランダで小さな宿とフラワーエッセンス&ヒーリングサロン始めました。




米国代替医療協会ホリステックヘルスコーチ

チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー

******************************